LGBTを正しく理解しよう!他人事ではない性同一性障害

LGBTを理解していますか?性同一障害は他人事ではありません。きちんと理解することで自分を知ることが出来ます。

『L』はレズビアンです。女性として生まれて自分の事を女性と認識して、女性を恋愛対象にする人の事です。

『G』はゲイです。男性として生まれて自分の事を男性と認識して、男性を恋愛対象にする人の事です。

『B』バイセクシュアです。恋愛の対象に性別が問題にならない人の事です。

『T』トランスジェンダーです。生まれた時に割り当てられた性とは違った性のあり方で生きようとしている人の事です。

実際に、生まれてきて性別が女とか男とか違いますよね。実際に同性カップルが申請をして、認められる時代となっています。実際に、へんけんを持っている人も多いと思いますが、理解してあげるようにしましょう。

実際に経験がない人は、何も考える事はありませんが、レズの場合には、女同士でHする事により、気持ちが分かるのでとか。優しい手触りとか。感じる場所を責めるとか。普段では感じる事ができない感覚を感じる事ができるので、やってみたら自分も理解できたという人も実際に多いのです。

経験しないと自分がどれに当てはまるのかは分かりませんが、実際に分かるとそれでしか感じなくなってしまいます。普通に男性と女性の間でしか性欲は生まれないと言う人もいますが、自分の楽な場所を選択することもできます。

また、今の時代は堂々と言える時代になっていますが、昔はその気持ちを全く分かってもらうことが出来なかったと言われています。時代の変化とともに、性の問題も変化してきていますが、実際に、小さい頃の環境なども関係していることがあると言われていますが、誰のせいでもなく自分の選択した道は自信を持っていいと思います。

今の世の中は癒しの場が必要です。何よりも自分を失わないようにして、堂々として生きていくためには、自分自身で進んでいくべきだと思います。結婚している夫婦でも、実際に、性の病気でも我慢していると感じている人も多いようです。